解散パンチ、白線〜スタートライン

 80_pan解散ライブ「解散パンチ、白線〜スタートライン」に行ってきた。

s1312435526

 終演後に撮ったチェキは、ストロボの光が拳(解散パンチ)で遮られるというひどいことに。
 まあ、だからこうして載せているんだけど。

 ライブはとても面白かった。
 思わず2人にも「凄く面白かった」と伝えてしまったほど。

 本当はああいうとき、「感動した」とか「寂しいね」とか、その手の気の利いたことを言うべきなのかもしれないけど、本当に面白かったのだ。

 たぶん人並みか、それ以上にハレパンや80★PAN!や80_panを応援してきたのだから、正直言うととても寂しい。
 もうこの2人を、全身の力を振り絞るかのようにして歌う小笠原朋美を、その横で楽しそうにラップする奥菜真子を見られなくなるのは、なんだか悲しい。
 今日あらためて、ここ最近漠然と感じていた物足りなさの一つが、80_pan……というかハレンチ☆パンチだったり80★PAN!だったりが足りていなかったからなんだと気付かされた。

 でも、そんなことがどうでも良くなるぐらい、凄く面白かった。面白くて、楽しくて、この瞬間が終わらなければいいのにとすら思った。

 2009年になってからというものの、何一つ楽しいことがない……とまでは言わないものの、しんどいことが9割ぐらいで、気付くと眉間にしわが寄ってるし、やなことを思い出しては落ち込み、思い出しては落ち込みの繰り返し。

 でもなんか、そういうのがどうでも良くなるぐらい面白くて楽しくて、それをちゃんとこの目で見られたのが幸せだ。

 最後だからって終始しめっぽい空気にするんでもなく、しばらくライブがなかったことのフラストレーションを解消するかのような勢いで、熱いパフォーマンスを繰り広げてくれたこと。
 解散してしまうことの寂しさなんかより、そのことが嬉しくて、とにかく面白かった。それ以外の感想はない。

 もったいないなぁ、もっと見たかったなぁって気持ちはあるけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.