【E-game】 超小型 Nintendo switch Dock ニンテンドースイッチドック (ドック基盤内臓 TV入力対応 小型アダプタ)1年保証付き

 Nintendo SwitchはTVモードで遊ぶことが多い。ほとんどは寝室のTVにつないでいるんだけど、たまにリビングのTVで遊びたくなることもある。そんなときに面倒なのが、HDMIケーブル、ACアダプタ、そしてNintendo Switchドックを寝室の環境から取り外してリビングに持ち運ばなければいけない点。
 できれば、Nintendo Switch本体だけをリビングに持って行き、そこに設置したドックにつないでTVモードで遊びたい。しかし純正のNintendo Switch専用 Nintendo Switchドックセットは少々値が張る。

 といったことから非純正(当然、任天堂のサポートもない)の、ドック的なものを探しに探した末、「【E-game】 超小型 Nintendo switch Dock ニンテンドースイッチドック (ドック基盤内臓 TV入力対応 小型アダプタ)1年保証付き」を購入してみた。

 純正のドックに比べると、接続部が固くてNintendo Switch本体のコネクタを損傷してしまうんじゃ……という恐怖や、この小型アダプタに差した状態で本体を起動してもTVモードにならず、Nintendo Switchを携帯モードで起動した状態で差し込m必要があること、差し込んだ状態でも安定感がなく、妙にぐらぐらしていて不安になることなど、使ってみて気付くマイナスポイントはあるにせよ、USBポートも純正ドック同様に3ポート用意されているし、もちろんHDMI出力もできるので、ある程度の割り切ったうえで使用するにはそれほど悪い製品ではない。

 が、問題はACアダプタ。Nintendo SwitchはUSB type-Cを採用しているので、これに対応したケーブルや電源を用意すれば良いだろうと思っていたが、それはあくまで携帯モードで充電をするような場合のみ。TVモードの場合はもうちょい出力が必要なようで、実際、Nintendo Switch用をうたったサードパーティ製の製品は、軒並み「TVモードは非対応」と注意書きをしている。
 ちなみに純正のACアダプタの出力は「DC 5.0V 1.5A/15.0V 2.6A」というもので、要はTVモード時には後者ぐらいの高出力が必要であるということ。となると、なかなかほかの選択肢がなく、純正品を購入することに。

 で、気付いた。ここまでで約7000円がかかっているということに。

 任天堂純正のドック+ACアダプタ+HDMIケーブルをセットにしたNintendo Switchドックセットが、8000円〜9000円ぐらいで販売されている以上、本体付属のACアダプタを使い回すのではなく、別途用意しつつTVモード用にドック的なものを購入するのであれば、純正のセットが一番安心感と値頃感がありそう。別々に買いそろえる場合は、少し価格は抑えられるが、その分、いろんな意味で不安もつきまとうわけで……。という勉強をしました。小型のドック、TV周辺で邪魔にならないのはいいんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください