ParallelsでBootCampボリュームのWindows 7を起動するには別ライセンスが必要な件

MacのBootCamp環境に、Windows 7をインストールしている。
以前から仮想化ソフトのParallelsも併用しており、いちいちBootCamp環境で再起動するのが面倒なときなどは、Parallelsを使ってBootCampボリュームのWindows 7をゲストOSという形で起動してきた。

ところが本日、ParallelsでWindows 7を起動すると「ライセンス認証エラー: 無効なプロダクト キー」という表示が。
再度登録すべく、サポートへ電話をかけ、自動音声であれこれやってみるも、失敗。オペレーターにつないでもらい、状況を説明すると……。

「仮想環境でBootCampボリュームを読み込んでWindows 7を起動するには、別のライセンスが必要」

という返答だった。

以前はこのような使用法でも、一つのライセンスで済んだはずなのだが……。
ダメ元で食い下がると、

「以前は対応していたが、やはりそれはおかしいのではないかということになり、別のライセンスが必要ということにした」

とのこと。
それが何年何月何日からのことなのかは、聞いてみたものの不明。

確かにOSなんかは違法コピーされがちなものの一つなので、このあたりを厳しくせざるを得ないのは理解できる。
とはいえ、正規にお金を払っているユーザーに対して、二重課金するような方策はいかがなものか。

Windows 7の利用規約にもそれっぽいものはないんだけどなー。

そういえば、「ウイルスバスター2011 クラウド」も、BootCamp起動時と、ParallelsでBootCampボリュームからWindows 7を起動したときとで、別のマシン扱いになる。以前のバージョンではそんなことなかったのに。

まあつまるところ、そんなにMac使いたいならWindowsを使うなってことなんですかね。あるいはWindowsだけを使えってことか。
どっちもごめん被りたい。