東京パフォーマンスドール 公開稽古&手売り会

 東京パフォーマンスドールの記者発表会の会場を出るときに配られたチラシで、7月15日には、公開稽古&チケット手売り会が行われることを知った。気になる子ができてしまった以上、行かないという選択肢はない。

 当日。会場に入って最初に目にしたのは、ステージ上でウォーミングアップをするTPDのメンバーの姿。着席してから開演まで、振り付け助手のかけ声に合わせて、ひたすらウォーミングアップするメンバー。プロレスを見に行ったら試合開始前に若手選手がスパーリングをしているのを目撃したときのような気分になった。
 開演時間になると、今度は振り付けの先生の指示に合わせて、フォーメーションを中心とした振り付けの確認がスタート。そのほとんどが、先生によるカウントで、どんな曲なのかは分からないまま時は過ぎていく。
 終盤、「じゃあ曲を」という感じで、音楽を流しながら先程までの稽古の流れになって、それが「CATCH!!」のアウトロと、「夢を」のイントロであることに気付く。当然、どちらもアレンジが施されたバージョンだ。

 手売り会は、10人のメンバーが2人ずつ、5組のペアに分かれ、各公演日程に振り分けられていた。公演日時で選ぼうとすると興味のあるメンバーのところに行けないかもしれない。興味のあるメンバーのところに行けば、行きたい公演日時を選べないかも知れない。そんな仕様。
 結果、僕は行けない日のチケットを買って、それを友人に売り渡すことになったのだが、その友人も楽しんでくれたようだったので、きっとこれはこれで正しい行いだったんだろう。

 何にせよ、脇あかりちゃんとお話ができて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です