Satechi サテチ Bluetooth ワイヤレススマートキーボード (白 / Mac配列) Wireless Keyboard White ST-BWSKMS

Mac対応のフルサイズ(10キー付き)Bluetoothキーボードを探している件の続き。

 Mac対応のキーボードを選ぶにあたってさまざまな製品の情報を集めてきて、いわゆるMac配列のJISキーボードはこの世界にほぼ存在しないということを理解できた。こうなるともう、US配列から選ぶしかない。そこまで選択範囲を広めるのであれば、もういっそBluetoothキーボードじゃなくて有線キーボードでもいいんじゃ? とも思ったが、何だかんだで無線に慣れてしまうと有線に戻りづらい。
 そんなこんなで熟慮に熟慮を重ねて購入したのが、SATECHIのST-BWSKMS。

 キータッチはちょっとクネクネした感じ。感覚的にはApple純正のWireless Keyboardに近く、そのキーボードに慣れていたこともあって不快感はなし。むしろ快適であると感じた。
 US配列ならではのEnterキーの小ささや、括弧やチルダの位置なんかは、JIS配列に慣れた身からすると誤タイプの主因にはなるが、こればっかりは慣れるしかない。かつてUS配列のキーボードを常用していたこともあるので、きっといずれ感覚が蘇ってくるはず。

 ただ気になるのはdelやhome、end、page up、page down、そしてカーソルキーなどの位置が控えめに言って変態なこと。おそらくキーボードそのものをコンパクト化するためにこうした配列になっているんだろうし、それぞれ使用頻度の高いキーではないので気にしなきゃ気にしないで済みそうなものなんだが、backspaceのつもりでhomeキーを押しちゃったりすることがちょいちょいあって、それにはそれなりのストレスがある。
 とはいえ、キーボード自体がスリープから復帰するのが遅いということもないし、キータッチもApple純正のWireless Keyboardに近いということもあって、キー配列に関しては自分を慣らせば気になるのではないか……。

 と思ったら、まさにこれを書いている途中、突然同じキーが連続して入力され、その後にBluetooth接続が切れるというトラブルに見舞われたので、引き続きより良いBluetoothキーボードを探したい。理想を言えば、AppleがフルサイズのWireless Keyboardを復活させてくれることなんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です