Magic Keyboardテンキー付き+セリアで買った吸盤

 これまで長いこと、Macで使える10キー付きBuetoothキーボードを求めてさまざまな製品を購入しては試してきたけれども、ようやくこの旅にも終わりが見えてきた気がする。というのも先日、AppleがWWDC 2017のどさくさで、Magic Keyboard(10キー付き)の発売を開始したから。

 どういうわけだかこれまで、

・Mac対応であること
・Bluetooth接続であること
・10キー付きであること
・JIS配列であること

あたりを満たしてくれる製品がほとんど世に存在せず、あったとしてもUS配列だったりキートップは主にWindows用だったりして、必ずどこか妥協しなければならなかった。そんな問題も、純正品が登場したことでついに解決だ! とばかりに喜び勇んで購入してみたはいいが、キーボード自体が超フラットで傾斜が緩い。物理キーボードでありながらも、まるでタブレットに表示したソフトウェアキーボードを叩くかのような感覚……というのは少し大げさながら、大げさに言おうとすればそれぐらいに傾斜が緩いのだ。

 こうなったら自分でキーボードに傾斜を付けるしかない! ってんでセリアへ行って、あれこれ物色した末に購入したのがこれ。

 こいつをキーボードの背面にペタ。

 無事に傾斜が付いた!

打鍵感も申し分なし。安定感もあって、キーボードがたわむこともない(心配な場合は真ん中あたりにもう一つ吸盤を付けると良いかも)。
 Apple様の美麗なプロダクトに貼り付けるにはだいぶダサいものの、背に腹はかえられないし、背面なんて誰も気にしないし……っていう意味において、これは最適なソリューションではないだろうかと自画自賛している最中であります。