東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』EPISODE 1

記者発表会で明らかにされたのは、今度の東京パフォーマンスドールが当面、「PLAY×LIVE」(プレイバイライブ)という形で、一つの公演において演劇とライブの両方を見せていくということ。
僕としてはライブさえ見られればそれでいいのだが、演劇も決して嫌いではない。だいたい、旧TPDのフォーマットをそのまま踏襲するだけでは新しいものなど生まれないし、ただ安易なリバイバルはTPDらしくないような気はするので、今回はこういう形だというのであれば、それに従うしかないだろう。
※もちろん、では何がTPDらしさなのか? という疑問も生まれるが、その答えはいずれ考える

ただ、これはTPDに限った話ではないのだが、たとえどんなに演者が魅力的であろうと、演劇は脚本や演出と自分の感性との相性が悪いと、うまく楽しめないものだ。公開稽古のときに配られたフライヤーに書かれていた、『1×0』(ワンバイゼロ)という公演の基本設定、

物語の舞台は「2013年シブヤ」。地下深くに張り巡らされた流水路に引きずり込まれたTPDのメンバーが見たモノは−−。「1×0」の本当の意味とは−−。

を読んで、そんな不安が膨らんでいた。結論から言えば、杞憂であったし、当たってもいたのだが……。

なお、8月15日〜18日に上演されたのは、そんな1×0の「EPISODE 1」。ちなみに「EPISODE 2」は8月22日〜25日に、「EPISODE 3」は10月11日〜14日に、「EPISODE 4」は11月21日〜24日、そして1×0の最終話となる「EPISODE 5」は12月20日〜25日に上演される予定となっている。

 

■『1×0』EPISODE 1

さて、EPISODE 1の内容に話を移そう。  以下は、劇場を出てから記憶をざっとメモしていき、それを数回繰り返して差分をとったものをベースに、公演パンフレットの内容を加味しつつ、せーのでまとめてみたものだ。なので順番は前後しているかもしれないし、さまざまな部分で勘違いしているかもしれない。あくまでも僕が見た舞台はこうだった、というだけの話である。と、最初に言い訳をしておく。 続きを読む 東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』EPISODE 1